INTERACTIVE LiVE CMが「2017 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」にてゴールド受賞!!

HAROiDがこれまでのインタラクティブ企画のノウハウを活用して制作をリードした「INTERACTIVE LiVE CM」が、「2017 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」にてゴールドを受賞しました。全6部門のうちメディアクリエイティブ部門での受賞になります。

地上波全国ネット番組中の60秒CMにおいて、視聴者参加型「INTERACTIVE LiVE CM」を実施しました。ユーザーのスマホから送られたアクションデータをリアルタイムに集計し、CMにフィードバックすることで、番組でもCMでもない新たな体験型イベントを実現しました。参加者には希望するコンビニの無料クーポンをスマホに配布。マスプロモーションの効果を増幅させながら、販売促進支援策もインテグレートするO2O2O(Onair to Online to Offline)の仕組みを確立しました。

「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」とは、一般社団法人 全日本シーエム放送連盟が、テレビ、ラジオCMの質的向上を目的に、1961年より開催されてきた「ACC CM FESTIVAL」を前身とする日本最大級の広告賞です。2017年よりその枠を大きく拡げ、あらゆる領域におけるクリエイティブを対象としたアワードにリニューアルされたのを機に「メディアクリエイティブ部門」と「クリエイティブイノベーション部門」の2部門が新設されました。全部門での応募総数は2,641作品になります。

今後もテレビCMの常識を打ち破る新しい体験を打ち出し続けていきます。

<作品概要>
タイトル:INTERACTIVE LiVE CM
広告主:キリンビール株式会社
広告会社:電通
制作会社:日本テレビ放送網/日テレアックスオン/HAROiD
ACC作品ページ:http://www.acc-awards.com/festival/2017fes_result/detail.html?awards=mc&entryId=MC172663

<HAROiDの制作スタッフ>(2017年9月時点在籍)
クリエイティブ・ディレクター:岸遼
プロデューサー:安藤聖泰
プロデューサー:島田栄子
アカウントマネージャー:竹葉信太郎
ビジネスディベロップメントマネージャー:吉澤健吾
Webディレクター:鈴木佐武郎
Webディレクター:石塚健朗
プロジェクトマネージャー:金賀晋太郎
システムディレクター:田中謙一郎
テクニカルディレクター:小野寺正実
テクニカルディレクター:遠山朋子
ビジュアルコーダー:薄井一力
マークアップエンジニア:奥谷雅司
サーバーサイドエンジニア:鳥居剛司
サーバーサイドエンジニア:鈴木悠大
サーバーサイドエンジニア:内海恵介
サーバーサイドエンジニア:稲垣隆徳
カスタマーサポート:小杉山晋一
デザイナー:丹下友希

本件のお問い合わせ: press@haroid.com